(今のところ、地域は首都圏です。)
2017.09    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29.03.2009
comment:0
trackback:0
摺鉢山古墳
Theme:史跡 / Genre:学問・文化・芸術

摺鉢山古墳1 
撮影日: 3月21日(土)
場所: 上野恩賜公園 (台東区上野公園五番)

上野公園内に古墳がありました。

頂上付近は、ちょっとした丘の公園のようでした。
摺鉢山古墳2 


 摺鉢山は、その形状が摺り鉢を伏せた姿に似ている事から名付けられた。
ここから弥生式土器、埴輪の破片などが出土し、約千五百年前の前方後円形式の古墳と考えられている。

 現存長七十m、後円部径四十三m、前方部幅は最大部で二十三m。
後円部の道路との比高は五mである。

 丘上は、かつての五條天神、清水観音堂の鎮座の地であった。

  五條天神の創立年代は不明であるが、堯恵法師は「北国紀行」のなかで、文明十九年(一四八七)に忍岡に鎮座する五條天神を訪れた際、
   契りきて  たれかは春の
     初草に 忍びの岡の 露の下萌
と、うたっている。現在、上野公園忍坂脇に鎮座。

 清水観音堂は、寛永八年(一六三一)寛永寺の開祖天海僧正によって建立されたが、元禄年間(一六八八~一七〇三)寛永寺根元中堂建立のため現在地に移転した。

 現在、丘上は休憩所となっているが、昔のまま、摺鉢の形を保っている。

平成六年三月

台東区教育委員会

スポンサーサイト
   


 内緒にする
http://sunstorm.blog92.fc2.com/tb.php/52-66ac7e60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。